1日のFXでのトレード回数を決めましょう。

 

1日にFXの取引回数を固定しないと、

その日の取引に連敗してしまった時に

負け数に歯止めが効かなくなります。

 

取引回数を決めておけば

負け続けていても

それ以上負け続けることが無くなります。

 

また負け続けている時は、

相場が荒れている時が多いですので

次の取引をしたとしても負けてしまうことが多いでしょう。

 

そのためにも取引回数を決めておき、

負けた時は翌日までに気持ちを入れ替えるつもりで

その日の取引は終わりにしましょう。

 

ことわざでもよく言われるのが

仏の顔も3度までと言われていますので、

一日の取引回数を3回と決めておくのも良いかもしれません。

 

取引回数を決めておけば連勝している時も、

無駄に次の取引をして、

負けて勝ち分を減らすことなく

勝ち分を翌日に持ち越すことができますので、

気分よくその日を終えることが出来るでしょう。

 

一日の取引回数を決めておくという事は、

負けを抑制することにつながる良い制限ですね。

 

FXで資産運用

FXに資産運用をおすすめされることがあると思いますが、

初心者の方はFXが儲からない。

よくわからないから手を出したくないという人がほとんどでしょう。

 

FXは一旦取引をしてしまえば

非常にわかりやすい仕組みで動いており、

慣れてしまえば株式投資よりも簡単に

利益を上げることができますし、

 

24時間市場が動いていますので、

仕事を終わった後でも取引をすることが可能です。

 

損をしている人はFXのことがわかっていないとか、

自分の取引できる以上の利益を求めてしまったから

損失がかさんでしまったという人が多いです。

 

初心者であるほど儲けようとレバレッジを高くしてしまったり、

相場展開も予想できないのに手を出してしまったりとしてしまう人です。

 

FXで資産運用をしようとした場合、

しっかりとFXの勉強をしてから挑むようにしましょう。

 

もし、FXでの資産運用がうまくいくようになれば、

得た利益でしっかりと生活していくなんてことも可能です。

 

2つの国の通貨を選んで、

どちらかの通貨でもう一つの通貨を買う事で

利益を生んでいくのがFXです。

 

そこで一番に考えなければならないのが、

その2つの通貨の選び方です。

 

たくさんの通貨がありますから、

その組み合わせも数倍に膨れ上がっていくのです。

 

考えだしたらきりがないほどあるので、

選び方の基準を知っていかないと始まりませんよね。

 

そこでFX初心者として利益に繋がる決め方があるのですが、

スワップ金利による決め方は、堅実に利益に繋がって行くと言われています。

 

スワップ金利が大きい国と

小さい国の組み合わせができるとその差によって、

利益がでてくるのです。

 

簡単に言えば、豪ドルやNZドルなどは金利が高いので、

買っておけば自然と利息がついてきますから、

それだけでも利益として残っていくことになって、

堅実に利益を生む方法のひとつとなっているのです。

 

とうとうお盆休みも本番です、
トレードはというととりあえず月曜まではストップ、
このタイミングで何をするかといえば

 

口座開設のめぼしいものを探したのですが、
なかなかネットの反応が悪い、
嫌われているのかもしれません。

 

ではメタトレーダーのEAはどうか、
BrainTrend2SigというEAが落ちていました、

 

新しいものではないのですが、
最近の風潮にもマッチした
オート感覚が高いタイプです。

 

要は、売り買いのタイミングを
全て矢印で示してくれるインジなんですが、
インストールはとりあえずまだ、
サイトでリアルタイム表示しているところがあったので眺めてました。

 

やはりこの時期もしっかり
システムトレードしてる人って偉いですね。